アレルギー大国の日本をどう支えていけばいいのか

日本人の20%が何らかのアレルギーを持っていると言われているのですが、戦後より、様々な輸入が増えた事や環境の変化でアレルギー疾患の原因が増えてきたという事もあるので、アレルギーで悩んでいる人たちも増えつつあるのです。

アレルギー疾患には様々な種類があるのですが、どのようなものから発症してしまうのでしょうか?

ここ約30年でとても増えているのが、アトピー性皮膚炎になり、乳幼児や子どもに特に多く見られるアレルギー疾患になります。

成人などの年齢になれば治るという事が多かったのですが、最近では成人になってから発症してしまったり、悪化するという人も中にはいます。

成人の患者が増えているアレルギー疾患は気管支ぜん息もその1つになります。

環境などが大きく変化し、大気なども汚染されている原因も挙げられますし、洋食などの文化が簡単に輸入されている今だからこそ、アレルギー反応を起こしてしまうケースが多いようです。

春先になれば恐れる人も多いのではないでしょうか?

それは花粉などのアレルギー性鼻炎なのですが、今では花粉だけではなくハウスダストやカビなどからも発症する事があり、風通しの悪いマンションなどに住んでいる人などは抗原を吸いこんでしまう事で発作を起こしてしまったり、ぜん息にかかってしまう事が多くなっています。

食べ物や、薬物、金属でアレルギー反応を引き起こしてしまうアレルギー疾患で、薬物や金属の場合でしたらそれを避けるという事は非常に簡単だと言われているのですが、食べ物というのは簡単とは言えません。

今では小麦粉を使わないパンであったり、お菓子なども出来ていたり、食べ物に関するアレルギーを持っている人に合わせた食品も増えてきているのですが、高くなってしまうのが悩むところだと思います。

しかし食べてしまって、気管が狭くなりそのまま死に至ってしまうというケースもあるので、注意する必要があります。

呼吸困難を起こしてしまう症状や、意識生涯を及ぼしてしまうアレルギー疾患なのですが、原因が分かっているものや、まだまだ解明されていないものもあり、何を使わなければ発症しないなどのパッチテストで自分が持つアレルギーを知るという事も出来るようになっています。

何かしら合わないものであったり、食事もある中で、アレルギーが発症しないようにそれを避けながら続ける生活大変なのですが、一度発生してしまうと改善しなく、悪化するというアレルギー疾患も多いです。

完治が難しいからこそ、発症しないような強い体を作れるように、日頃から暮らしている環境や食生活をバランスよくするという心がけは必要かもしれませんね。

かわいいペットを家族に迎えたい人が知っておきたいこと

つぶらな瞳の子犬や子猫。店頭で目が合い、おもわず「あ~ 家に連れて帰りたい!」という衝動にかられた経験のある方は多いのでは。でも、本当に飼うとなると「かわいい」だけではすまされないことも。どんな風に生活が変化するのか?具体的にイメージしてみます。

我が家に天使がやってくる

人間のように複雑な気持ちをもたない動物の純粋さにふれると、誰もが心を癒されます。ぬいぐるみのような愛らしい姿をながめているだけで、とても幸せな気持ちに。日々の生活が、キラキラ輝きはじめます。それは、モノトーンだった風景が、カラフルに色彩をおびてみえはじめる感じです。

「この子を守りたい」そんな気持ちが芽生えます

自分より小さくて弱いもののお世話をすることは、人を成長させてくれます。愛する守りたい存在がいることが、人を強くし、日々の仕事、生活の活力になってくれます。それは、相手が人間ではなくてもいっしょです。

人とのふれあい、ネットワークがひろがる

動物病院やペットショップ、猫カフェや公園など、「飼い主」になると、これまで縁のなかった場所へ行動範囲がひろがります。犬なら散歩仲間、猫なら猫好き仲間など、肩書やステイタスにとらわれないつながりができてきます。

また、「ひとりで歩いている人や子供を連れている人より、動物を連れている人のほうが話しかけやすい」という調査結果もあります。ペットがきっかけで、新しい出会いが生まれるかも!?

ペットの生活費は子供の養育費に値する!?

ペットの一生にかかる金額は、犬がおよそ140万円、猫が80万円といわれています。そのほか、ケガや病気をした場合、動物病院では保険がききません。去勢、不妊手術代や亡くなったときのお葬式代もかかってきます。経済的な計画も考えておきましょう。

生きものを飼うと“こまめなお世話”がもれなくついてくる

日々の散歩やエサの購入、小屋やトイレのそうじ、定期的な予防接種など、生活の中でやることが増えます。一緒にすんでいる家族の人にアレルギーがないかを調べておくことも大切。毛のぬけかえ時期には、こまめに掃除機をかけること大切です。

外泊、外出に制限ができる

飼っている動物がいるから家をあけられない。これは、よくきく話です。旅行や長時間の外出が減ることは覚悟して。外を飛びまわることが好きなアウトドア派は、ペットホテルを調べておいたり、預かってくれる人を探しておきましょう。

動物も、いっしょに暮らせば家族です。物理的、経済的なリスクをもつこと、面倒をみる責任がともなうことを忘れないで。